« 引っ越しまで2週間 | ホーム | 明日から2日かけて引っ越し作業 »

2008年9月18日

胃カメラ

8月末、ちょっとしたことから体調をくずしてしまい、順調に(?)減量中。
でも、アレだよね。たった1日で3キロちかく体重が減るってどうよ?

その後の血液検査も検尿も便鮮血も異常なし。ある意味、ものすごく健康体。
しかし、夜眠れないので眠剤は必要だし、
食欲も一時にくらべれば随分ましになったけど、まだ1日で800キロカロリーくらいしか
食べられていない。だって、胃が痛くなるんだもの。もう、ダメ。
それでも、眠剤28日分もらったし、タケプロンも、ロキソニンも28日分出してもらった。

ってわけで、おととい、胃カメラしましょうってことになって、きのう人生初胃カメラ体験。

最近の胃カメラは鼻から入れるんだよ?
むかしのと比べたら、半分くらいの太さの管だよ?
すげー。

まず、筋注。
紙コップに50ccくらい?の液体の入ったモノを渡され、飲み干す。
その後、ベッドに横になり、両方の鼻の穴からなにやら液体を注入され、
5分ほどしてから「どっちの鼻のほうがすーってします?」と聞かれた。
どっちかな?左?うーん、どっちもあまり変わらないけど、左。
じゃあ、左でしましょう、と、左の鼻からまた液体。これはたぶん、麻酔。

しばらくしたら、細い棒?を左の鼻につっこまれた。
看護師さんは、この前受診したときから、英語の話とか、結婚観とか、恋愛観とか、
いわゆるガールズトークで盛り上がれる若い人(といってもたぶん30前くらい...)で、
この時も、うちのきょーへーの学校の話で大ウケしてくれた、いい人。
でも、タイマーが鳴ると、細めの棒を抜くやいなや、もうちょっと太い棒を鼻に入れて、
「カメラはこれより堅いんですよね〜。でもerikoさんはすごく通りやすいから、
カメラもきっと楽に入りますよ」
...てかさ、けっこう痛いんですけど?

たぶん、麻酔が効いてきて、だんだん痛みにもなれた頃、じゃあ、そろそろいきましょうか?って、どこにいくんだよw
医者を呼びに行ったらしく、せんせー登場。
いよいよ、初胃カメラだぜ。きんちょーするわぁ。

あのふたつの十二指腸の出血跡って、じつはカメラでついたんじゃね?と、後で思った。

とりあえず、カメラで見たところ、胃粘膜も十二指腸も異常なし。
胃粘膜は2カ所組織をとったけど、たぶん、大丈夫だと思いますよ。と、言われた。
じつはこのせんせー、きょーへーの小学校の同級生のパパなんだよね。
検査後の会話のほぼ8割は、こどもの話で終わった。

今週末はいよいよ荷出し。
1週間後にはアメリカ。
胃はまだ痛い...。

このブログ記事について

このページは、erikoが2008年9月18日 00:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引っ越しまで2週間」です。

次のブログ記事は「明日から2日かけて引っ越し作業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。