« YAMAHA GB1 | ホーム | お隣さん »

2008年10月14日

これがフラッシュバックといふものか...

きょうから夫は日本に出張。
わたしが心配する(あるいは、眠れない、食べられない)ので、
とても重要なその仕事のためだけの出張で、2泊4日で帰ってくる。
最近はビジネスクラスでもシートがフラットになるので、機内泊もそんなに
苦痛ではないみたいだけど、きょーへーに会いにも行かない。
きょーへーは水曜から中間テストなので、いまは絶賛試験勉強中。
13日の誕生日前に、プレゼントとしてアマゾンから送った松本人志のすべらない話のDVDも見てないらしい。
だから、パパが会いに行っても迷惑なだけだったかもしれないけど。

昨夜、そんなこんなで、夫が持っていくスーツやシャツの用意をしていたときのこと。
iPhoneは、日本で通話できるようにしたっけ?(わたしのは8月の時点で
海外ローミングの設定をしていたけど、なぜか夫の海外ローミングが
アクティベートされていなかった)と わたしが言ったら、
ああ、まだだから、ソフトバンク持っていこうか?と 返事が返ってきた。
そのとき、出張中の夫に電話をかけても出ない、
折り返し電話をかけてこない、メールをしても返事が無い、
という状況が再現されてしまった。いわゆるフラッシュバック?
暗闇の宇宙空間に放り出されたような感覚。足をつける地がないような。

あまりに急激にわたしの様子が変わったらしく、夫は心配して、
どうしたの?(留守にするのが)寂しいの?と、繰り返し聞くんだけど、
大丈夫、なんでもない。としか、言えなかった。
大丈夫なわけないだろ?どうしたの?と繰り返す、夫。

その後、しばらくして落ち着いたので、夫にはじぶんにどういう ことが起こったのか話した。
じぶんでもね、驚いたよ。動揺したよ。
ある物事を思い出すより強烈な感覚。
突然、そのときが戻って来て、じぶんがそのときのまんまになる。
だんだんごはんを食べられるようになってきて、夜も少しずつ眠れるように
なってきて、もう病気というほどじゃないな、と、思っていたのに、
たぶん、わたしの中ではまだ納得していないものがあると思う。

うーん。。。
なんていうか、キツい。
じぶんでコントロールできないんだね。
もともとじぶんは、感情にまかせてわめき散らす、泣きわめく、ということが苦手。
(これについては、育った環境が大きく影響していると思われ...)
うちに溜め込むというのか、抑制しようとするので、たいていの場合は、
時間をおいて冷静に判断できる、と、思う。
でも、突然、フラッシュバックが起こると、なす術もなく流されてしまうような?
それも結局は、どんどん落ちるわけで、表面的には抑制しているときと
あまり変わらないんじゃないかと思うんだけど...。
ただ、その変化を目の当たりにした夫は、前回のときもそうだったように、
必死で落ちるのをひきとめようとするんだけど、ダメ、落ちる、と、思ってしまう。

問題は解決しているわけで、あとはじぶんの心との戦い、と考えているんだけど、
なかなか時間がかかるわねー。

このブログ記事について

このページは、erikoが2008年10月14日 09:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「YAMAHA GB1」です。

次のブログ記事は「お隣さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。