« これがフラッシュバックといふものか... | ホーム | Amazon.comって便利 »

2008年10月14日

お隣さん

ピアノが届いてからは、家族の誰かが毎日ピアノを弾いている。
いちばん弾けない夫が、いちばんピアノがうれしいらしく、
ゆうべはラジリテの1番の右手を練習していた。
最初の9小節は、なんとか弾けるようになったと思う。
すごいすごい。
とても赤バイエルしかやってない人には見えないよ。
上手に弾けるようになってるよ。両手で弾くのもきっとすぐできるよ。

でもね、きょうの事があってから、やっぱり夜遅い時間は弾くのは
やめたほうがいいかも?と、思った。

夕方、夕飯の支度前に、わたしがピアノを弾いていたら、
お隣のファジーアとアディーバ親子がやって来た。
うわっ、ひょっとして、同じ箇所を練習してばかりいるから
(だって、弾けないんだもん...)、うるさかったのかな?ドキドキ...
すると「今、弾いてたのは、花?それとも、eriko?」と。
「え、えっと、わたし...」と勇気を持って答えたら、
「なんて上手なの!わたし、音楽がすごく好きなんだけど、ピアノが聞こえて
くるから、突然おしかけてきちゃったわよ!」(意訳)
あああああ。そ、そーなんだ。。。よかったぁぁぁ。

というわけで、ふたりを招き入れ、とりあえず花にピアノを弾かせた。
きょうは学校が休みだったから、昼間から徹底的に練習させていたので、
とても上手に弾いた。

娘のアディーバは歌が好きなんだって。
花がピアノを弾いた後、アディーバが歌ってくれたGod Bless America。
うちはまだ、家具がほとんどないので、ピアノを置いてあるファミリールームは
音がよく響く。
若干、エコーがかかったような効果もあるからかもしれないけど、もしエコーがなくてもアディーバの歌声はとてもステキだった。
もうね、おばちゃんは感動したよ。
とりあえず、わたしの知ってる賛辞の言葉を並べ立てた。

あなたも弾いてよ、って、言われてもぉ。。。
弾けないから練習してたわけで。
楽譜が無いので(まだ日本から荷物が届いてない)、音の記憶だけをたよりに
確認中なのに。

で、まあ、そんなこんなで、ファジーアは親切に、
だんながいないんだったら、困った事があるときはほんとになんでも言ってね。
わたしはここに来て8年になるけど、最初の頃はこの家に前住んでたハーマンに
いろいろ教えてもらったのよ。
スーパーはクロッグスに行ってるの?ああ、アルバートスンズに行ってるのね。
あそこも近くて便利よね〜。
花はウサギはきらいなの?遊びにいらっしゃいよ。
そうか、花は犬が欲しいのね。どんな犬?フレンチブルドッグが欲しいの?
あなたたち、ともだちはできたの?
学校はどこに行ってるの?シャーロッド?あそこはほんとにいい学校よねー!
(ここのところは親子で口を揃えてシャーロッドをいい学校だと言っていた)

...そろそろ、お茶でもお出ししないといけないタイミングですかね?

きっと、ピアノを口実に、ファジーアは訪ねて来てくれたんだと思う。
いつも思うのは、移民はじぶんの苦労を重ね合わせて相手を見てくれるので、
とても親切にしてくれる。
ミネソタの時は、隣のサディアに助けてもらったし、シアトルではよしこさんに
助けてもらった。わたしは隣人にはとても恵まれると思う。運がいい。

このブログ記事について

このページは、erikoが2008年10月14日 09:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これがフラッシュバックといふものか...」です。

次のブログ記事は「Amazon.comって便利」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。