2008年11月アーカイブ

2008年11月29日

サンクスギビング

1008445254_243.jpgサンクスギビングディナーに夫のラボの
日本人を16人招待した。うちの家族をいれて総勢19人。
前日にパンプキンパイを2個焼いたり、クランベリーソースを作ったり、できることは準備。
当日は朝起きて、まずランチ用&こどものディナー用チキンピラフを炊いた。
それから、ターキー。
もうぜったい、来年のサンクスギビングまでに大きなフードプロセッサーを
買うぞと誓った。だって、タマネギ4個みじん切りはつらすぎる(泣)
そして直前にはカナッペの準備。その途中で、写真、写真、と、撮ったので、
クラッカーだけがトレイに載ってるっていうのもあるけどね。何を作ったか
記録しておかないと忘れちゃうんだもん。来年、重複しないように。

続きを読む: サンクスギビング

2008年11月24日

配線が切れているらしい

金曜日の朝、ちょうど花と夫が学校と仕事に出かけようガレージを
開けたとき、うちの前に大きなトラックが止まった。
あ〜、屋根の張り替え資材到着だわ。
しかし、まだ8時前だよ...と思いつつ、二人を見送り、ガレージを閉めて玄関に回った。
玄関ドアを開けたら、トラックを運転してきたおっちゃんがドアの前で待っていた。
資材、ガレージの前に置こうと思うんだけど、右側がいいか?左側がいいか?と聞いてきた。
さっき、左からクルマが出て行ったから、あと1台あるなら、右側だろ?
左に置いといて良いか?
と、聞かれたので、
右側に置いておいてくれていいよ、と答えた。
夫のクルマは金曜の夜は野宿(?)ケテーイ。
屋根の張り替えは月曜だからね。3日間は、外だな。

続きを読む: 配線が切れているらしい

2008年11月21日

ランチ@スクール

ほんとのサンクスギビングデーは来週(今年は27日)ですが、
花の学校で1週間早いサンクスギビングランチがあったので、行ってきました。
あ、しまった。メニューの写真撮るの忘れた。
なんかね〜、学校のカフェテリアだから、写真を撮って良い物かどうか
判断できなくて(先生は別の部屋でランチだし)、花の写真だけ撮ったよ。

メニューは、ターキー、コーンブレッド(スタッフィング)、マッシュポテト、
グリーンビーンズ、グレービーソース、フルーツ、パンそして、クッキー。
サンクスギビングのオーソドックスメニューだったよ。
わたしは普通の人の半分くらいしか食べられないんだが、そのわたしが
4分の1くらいしか食べられない量が...。それで2ドル50セント。
こどもも量は同じで、1ドル75セント。やすっ。

続きを読む: ランチ@スクール

2008年11月19日

人を呪わば穴二つ

人を呪殺すると呪い返しに遭うことを覚悟し、墓穴を自分の分を含めて二つ用意すること。

実際、呪ったことなどないですが、人を呪えば穴が二つで足りるのかと疑問に思う。
もしその呪いが周りにしれれば、知った人すべてに及んでいくのではないかと。
たとえ、呪い返しに遭わなくとも、そこまで呪うだけで精神的に朽ちるのではないかと。
呪った相手より、むしろ自分の墓穴の方が先に必要なのではないかとも思う。
その覚悟もなく、自分の墓穴を用意することもなければのたれ死ぬ。

分からなければそれまで。
救われることはない。

腰が痛いわ

先週の土曜日。洗濯をしようと、2階から洗濯かごを右手に持って階段を下りていたとき、
あと数段というところにあるせまい踊り場(というか、ほかの段よりちょっと 広い程度だけど)で体の向きを変えた瞬間、つるっとすべってしまった。
洗濯かごを手から離したほうがいいのか?
左手で壁によりかかり、体勢を戻す努力をしたほうがいいのか?
無抵抗のままのほうが怪我が少ないって話を聞いたことあるし...。
と、これくらいは瞬間的に考えた。
結局、無抵抗のまま滑るにまかせる、を選択。
あっと声を上げるまもなく、どんと1段しりもちをついて止まった。
そのときに腰の左側を階段にぶつけた。...いたいけど、立てる、歩ける。
骨折はしていない。たぶん、骨にヒビも入っていないだろう。

このとき、夫はちょうど階段の下にいた。
花を補習校に送って、Hマートで買い物をして帰ってきたところで、
洗濯はぼくがするよ、と、言ってたんだけど、わたしが2階のトイレに行った ついでに、洗濯物を持って下りようとしたんだよね。
わたしが階段を下りて、すべって、しりもちをつく一部始終を見ていたけど、
ごめん、手もだせなかった、と。
いや〜、あの場面ではどうしようもなかったよ。
それに、たぶん、体重が軽くなった分、腰をぶつけてもたいしたことはない
みたいだし。でも痛みはあるから湿布貼ってちょうだい。

続きを読む: 腰が痛いわ

2008年11月15日

リテーナーとの闘い

今週はわたしは風邪週間。
三晩連続で寝汗をかいて寒さで目が覚めて、なんか、体調わるーと思っていた。
引っ越しの段ボールの開梱→収納作業をしていると、ちょっとした動作で
めまいはするし、わたしってばメニエール?それとも更年期障害?などと
じぶんを悲劇のヒロイン仕立てで楽しんでいたら、くしゃみとのどいた。
なんだよ、ただの風邪かよ。微熱があるじゃん。。。どうやら、風邪では
物足りなかったらしい(ぉ
でも、めまいより気になったのは、あごがだるいこと。
何かを食べるとあごがだるくて、顎関節症か?って、やっぱり何かの病名を
つけたいのかよ。
でも、ほんとは、あごに関しては心当たりがある。

リテーナー、もう何ヶ月つけてなかったけ?
さかのぼって思い出してみた。
10月、9月はつけていない。
8月は...たぶん、つけていなかったな。
7月...うーん、ときどき寝るときにはつけていたような、あやふやな記憶。
6月...ほぼ、毎日付けていたよ(就寝時)
と、いうことは、4ヶ月間リテーナーなしで生活していたのね。

続きを読む: リテーナーとの闘い

2008年11月11日

富有柿

kaki.jpg週末、富有柿8個入りがおいしそうだったので買った。
8個入りが6.99ドル(@コストコ)だったので、日本のスーパーで買うのとあまり変わらない価格と思う。
食べてみるともうちょっと熟してもいいかな?と思ったけど、6個は冷蔵庫の野菜室に入れた、つもりだった。
翌日、フリーザーを開けると柿が鎮座していた。
あぁぁぁ、そういえば...フリーザーに入れた時の記憶が視覚的に思い出された。
そうだわ。なんで、フリーザーに柿を入れているということに気づかなかったんだろ?

冷凍状態ではいかんともしがたいので、とりあえず、解凍してみることに。
うぅん。冷凍ミカンはよくあるけど、冷凍柿なのよね。

ネットで検索をかけてみると、市田柿という渋柿は冷凍のものがあるらしい。
あんぽ柿(これも干すんだよね?)にもどうやら冷凍があるようだ。
たぶん、フレッシュ柿を瞬間凍結してもおいしくないっていうのが常識なんだろうな。
裏を返せば、干すなりして甘味を増したものならばおいしいということか。

というわけで、夕食後の冷たいデザートへと変身した柿。
お味はというと、正直、うまかったです。
きのうは堅いとおもったフレッシュ柿も、冷凍→解凍するとやわらかくなって、
しかも甘味も増していた。
とりあえず、うれしい誤算というところかな?(と、自分の落ち度を正当化するわけで...)

でも、次回、コストコに行った時にきれいな柿があったなら、
時期はずれにでも食べられるように冷凍しておこうかな?と思たり。
皮をむいたほうがいいのか、むかないほうがいいのか...。
悩み中。

2008年11月 8日

これはほんの一例です。

987364331_86.jpgこの前、包丁を買った3日後?だったかな???
ヤマトから電話がかかってきて「金曜日に配達できますが...」
ええ、ええ、荷物が届いたよ。 97個だよ。
思っていたよりずいぶん早い到着だったわ。
とりあえず、ダイニングテーブルとか花の学習机とかは組み立ててもらって、
あとは小物類を収納していくわけだけど...はぁぁぁ。。。。。。

ヤマトのみなさんがテーブルを組み立てたりしていらっしゃる間に、
わたしはまずはキッチンから、と思い、箱を開け始めたんだけど、
3つ開けたところで疲れてしまった。
あと、いくつ開梱していくんだろう。てか、わたしのMac、開けたいんだけど、
えーっと...。

さて、ぼちぼちいこう。

2008年11月 5日

玄関先で一晩寝かせた...

984606599_253.jpg段ボールの中身は、GAPのオンラインで注文した花の服。
学校の服装規定があって、上はポロとかシャツとかトレーナー、セーターは
色が白、紺、水色、グリーン限定。
下はジーンズ禁止、5ポケット禁止、丈は短すぎないもの、で、チノ、
ジャンパースカート。
「ユニフォーム」と呼ばれるんだけど、私学のように全部同じデザインでは
ないにもかかわらず、色や形などが決まっている。
そして、いろんなブランドも「ユニフォーム」を売っている。
時期によってはサイズがなかったりして、実店舗で買うのが結構めんどう。
それで、オンライン注文をしたんだけど...UPSってば、一戸建ての家だと
玄関先に放置していくよ。orz

アメリカの家の構造上、玄関はほとんど使わない。
誰かが訪ねて来た場合はもちろん玄関からピンポーン、なんだけど、
うちから出かけるときはもっぱらクルマで出かけるので、
ガレージから出て行って、ガレージに戻ってくる。
きのう配達のあった荷物は、発送しましたメールが来ていたから、そろそろ
来るだろうなぁと思っていたけど、うっかり、確認するのを忘れてたんだよね。
てか、花が玄関から郵便をとりに出て行ったはずだけど、気づかなかったらしい。
わたしも「荷物来てない?」と声をかけようと思いつつ、来てれば気づくかなと
期待していたので、黙っていたんだよね。

でも、まあ、外からは見えにくい場所に置いてあったし、
放火とかされることもめったにないだろうし、
雨も降らなかったし...。

続きを読む: 玄関先で一晩寝かせた...

2008年11月 4日

Santoku 旬

983504576_165.jpg土曜の昼間、5キロウォークの後、花の補習校が終わるまでの待ち時間に買った包丁。
これは、岐阜県関市にある貝印のSantoku 旬 DM0718というモデル。
海外販売限定商品で、定価157ドルのものです。

夫が、わたしがここに来る以前から使っていたヘンケルのステンレスの包丁は、切れない。
いくら研いでも、ベーコンをきればつながっているし、にんにくをスライスなんて、
ぜったいにできない(くらい、切れない)。
日本から送った船便には、わたし愛用の包丁が入ってるんだけど、
うちに届くまで、たぶん、後1ヶ月はかかるんではないかな?
その包丁は、たぶん、2006年頃買ったんだと思うんだけど、
堺の刃物市で6000円くらいしたはず(半額)。
コバルト合金の三徳包丁で、それまでステンレス包丁しか使ったことが
なかったわたしは、その切れ味の違いに驚いたもの。
それ以来、ステンレス包丁はまったく使うことはなくなったんだけど、
ここへ来て、うちにはそれしかないし。

えと、包丁の切れ味で何が違うの?と思われる皆さん、
ぜんぜん変わるんです。素材の味が、食感が。
スライスされて(あるいはくし型にカットされて)切り口がぐにゃりと
なったトマトと、すぱっと切れたトマトでは味がちがうでしょ?(たぶん)

最近、鍋が欲しい、包丁が欲しい、という思いが日に日に強くなり、
いろんなサイトを見て回ってたんだけど、Santoku 旬を見つけたときには、
もう、ぜったいコレ買う!と思ってしまった訳で...。
(ちなみに鍋もステンレス5層鍋セットが、日本からやってきます)
とりあえず、待ち時間にWilliams−Sonoma(の実店舗)に行きたい!と思っていたので、
夫といっしょにれっつごー。
同じモデル、同じ価格で、刃がフラットのものもあるんだけど、
わたしの持ってる包丁はフラットなので、hollowの方を買う事に。
価格は114ドル。買って損はないだろう。

今朝は、花のランチのハムサンドとPBJサンドを切った。すぱっと。
めっちゃ、ステキ♪

2008年11月 3日

Trick or Treat

982393780_238.jpg金曜の夜は、この日初めてお会いするお宅にお招きされて、ハロウィンパーティーに参加。
花は今年は、バットガール。こうもりだよん。
長袖を重ね着すると暑いくらいの陽気の夜だったことも金曜日ということも、
きっと好条件だったんだろうけど、テキサスのハロウィンはすごかったよ。
ここに載せたスターウォーズ系は、まだこどもも怖がらないけど、
明かりを消して、ガレージでアメリカホラー音楽を流して、
ゾンビのコスチュームで椅子に座ってトリートしてくれるおうちとか、
玄関ドアに骸骨がぶらさがってるおうちとか...。
ミネソタは氷点下の雪の中のハロウィンだし、シアトルは寒い小雨のハロウィンだしね。(どっちもその頃の標準的な気候)
テキサスの人は、ハロウィンがすごく楽しみなんだろうなーとおもた。

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。