« Santoku 旬 | ホーム | これはほんの一例です。 »

2008年11月 5日

玄関先で一晩寝かせた...

984606599_253.jpg段ボールの中身は、GAPのオンラインで注文した花の服。
学校の服装規定があって、上はポロとかシャツとかトレーナー、セーターは
色が白、紺、水色、グリーン限定。
下はジーンズ禁止、5ポケット禁止、丈は短すぎないもの、で、チノ、
ジャンパースカート。
「ユニフォーム」と呼ばれるんだけど、私学のように全部同じデザインでは
ないにもかかわらず、色や形などが決まっている。
そして、いろんなブランドも「ユニフォーム」を売っている。
時期によってはサイズがなかったりして、実店舗で買うのが結構めんどう。
それで、オンライン注文をしたんだけど...UPSってば、一戸建ての家だと
玄関先に放置していくよ。orz

アメリカの家の構造上、玄関はほとんど使わない。
誰かが訪ねて来た場合はもちろん玄関からピンポーン、なんだけど、
うちから出かけるときはもっぱらクルマで出かけるので、
ガレージから出て行って、ガレージに戻ってくる。
きのう配達のあった荷物は、発送しましたメールが来ていたから、そろそろ
来るだろうなぁと思っていたけど、うっかり、確認するのを忘れてたんだよね。
てか、花が玄関から郵便をとりに出て行ったはずだけど、気づかなかったらしい。
わたしも「荷物来てない?」と声をかけようと思いつつ、来てれば気づくかなと
期待していたので、黙っていたんだよね。

でも、まあ、外からは見えにくい場所に置いてあったし、
放火とかされることもめったにないだろうし、
雨も降らなかったし...。

984606599_106.jpg←この画像の左下に映ってるプリンターなんだけど、コレ、大雨の日に やっぱり玄関先に置かれていたんだよ。
雨が降っていたし、今日は配達くるはずと思い、夕方、UPSを待ち構えてて、
リビングからUPSのトラックが見えて、
「ピンポーン、どんどんどん」(←チャイムとドアをノックする音)
トラックが見えてから、ドアを開けるまでに間に合わないくらいの素早さで配達が完了するくらいの大雨。
いそいで、ドアを開けて、プリンターの入った段ボールをレスキューしたのだ。

前、アメリカに住んでいたときはアパートだったので、荷物はアパートの
管理棟で預かってくれてたし、玄関まで配達に来た時は、ちゃんとわたしの
受け取りサインを要求していた。
なのに、一戸建ては、完全放置なのか〜。びっくりだよ。

ほかにも、テキサスというか、花の学校限定なのかもしれないけど、
小学校の登下校をこどもだけで歩いてたりして、もう、びっくり。
それと、ハロウィン明けのきのうの月曜日、話にしか聞いた事のなかった
スマッシングパンプキンの現場に、花を学校に送る途中のきょんぱぱと花が
遭遇したらしく(わたしはお迎えの時に、パンプキンがつぶれている脇を
通ったけど...)、それもびっくり。
ハロウィンの夜は、屋外に置いたパンプキンを片付けてから寝るように、と、
ミネソタ時代にアメリカ人から教わっていたんだけど...。ひょえ〜。
テキサスなまりは、相変わらず難しいし。
なにげに、カルチャーショックな日々。

このブログ記事について

このページは、erikoが2008年11月 5日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Santoku 旬」です。

次のブログ記事は「これはほんの一例です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。