« これはほんの一例です。 | ホーム | リテーナーとの闘い »

2008年11月11日

富有柿

kaki.jpg週末、富有柿8個入りがおいしそうだったので買った。
8個入りが6.99ドル(@コストコ)だったので、日本のスーパーで買うのとあまり変わらない価格と思う。
食べてみるともうちょっと熟してもいいかな?と思ったけど、6個は冷蔵庫の野菜室に入れた、つもりだった。
翌日、フリーザーを開けると柿が鎮座していた。
あぁぁぁ、そういえば...フリーザーに入れた時の記憶が視覚的に思い出された。
そうだわ。なんで、フリーザーに柿を入れているということに気づかなかったんだろ?

冷凍状態ではいかんともしがたいので、とりあえず、解凍してみることに。
うぅん。冷凍ミカンはよくあるけど、冷凍柿なのよね。

ネットで検索をかけてみると、市田柿という渋柿は冷凍のものがあるらしい。
あんぽ柿(これも干すんだよね?)にもどうやら冷凍があるようだ。
たぶん、フレッシュ柿を瞬間凍結してもおいしくないっていうのが常識なんだろうな。
裏を返せば、干すなりして甘味を増したものならばおいしいということか。

というわけで、夕食後の冷たいデザートへと変身した柿。
お味はというと、正直、うまかったです。
きのうは堅いとおもったフレッシュ柿も、冷凍→解凍するとやわらかくなって、
しかも甘味も増していた。
とりあえず、うれしい誤算というところかな?(と、自分の落ち度を正当化するわけで...)

でも、次回、コストコに行った時にきれいな柿があったなら、
時期はずれにでも食べられるように冷凍しておこうかな?と思たり。
皮をむいたほうがいいのか、むかないほうがいいのか...。
悩み中。

このブログ記事について

このページは、erikoが2008年11月11日 03:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これはほんの一例です。」です。

次のブログ記事は「リテーナーとの闘い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。