« 1世紀分の思ひ出 | ホーム | もうすぐバレンタインデー。 »

2009年2月 2日

形状記憶パーマ

1070199675_95.jpgいわゆるデジタルパーマというやつですが、かけてきますた。先週の土曜日。
ボブカットにするかパーマをかけるか?と、迷いに迷って美容院に行ったんだけど、
待合ソファの上に置いてあったわずか数ページのヘアカタログに、
ふわふわ〜っとかわいらしいロングのお嬢さんがモデルのパーマが載ってて、
じぶんの容姿にマッチするかどうかも考えずに「コレだ!」と。
順番が回ってきたときに、すかさず「こんなのにしたいです」と写真をみせた。
ふむふむ、とわたしを見比べながら、「あなた、髪はストレートパーマかけてる?」と聞かれた。
実は最近、何人かに「ストレートかけてる?」と聞かれたことがあるんだが、
どうやらストレートパーマをかけてる髪に見えるらしい(それくらいストレート)。
美容師さんに「いえいえ、かけてませんよ」と言うと、
「じゃあ、デジタルパーマにする?きれいにカール出るよ。普通のパーマより
手入れも簡単だしね。でも、普通のパーマにするかどうかはあなた決めて」
と、言われたので料金表を見ると、デジパーは40ドル高くなるんだよね。
夫に、どう思う?と聞いたら、デジパーしてみたら?
と、言ってくれたので、じゃあ、デジパーにしてください、と言った。

仕上がりはちょー楽ちん。
乾くとカールが出るから、形状記憶パーマなんだよ。
デジタルパーマというのは登録商標らしいよ。デジタルフリーという機械を
使ってかけるパーマなので、それぞれの美容院のオリジナルレシピでパーマを
書ける場合は、デジタルパーマとは呼べないらしい。
でも、今回の美容院で使っている機械がデジタルフリーかどうかは不明。

シャンプー後、指に髪をくるくると巻き付けて乾かすだけで、縦ロール完成。
カーラーもホットカーラーじゃなくて、じぶんでくっつくカーラーを使えば、
5分ほどできれいなカールになるみたい。
おお!なんて楽ちんなんだ!
ゆるゆるもくりくりも自由自在だよ。

土曜日は、補習校の図書当番が当たっていたので授業の待ち時間にいけなくて、
授業終わった後の5時に予約をして、花と夫も一緒に行った。
5時前に美容院に着いたら、待ってるお客さんが2人いるし、
パーマ中とかカット中のお客さんもいるんだよね。
美容師さんひとりでやってるから、いろんなことに時間がかかるのかな?と
思ってたら、そればかりではないみたい。

しばらくすると、待ってた2人組のひとりがパーマを始めたんだけど、
この方、2時間近くロッドを巻いてたよ。
そして、わたしはデジパーを勧められて、デジパー。
もうひとりのお客はふつうのパーマ。
髪質とか痛み具合とかで、髪質にあったパーマをお勧めしているみたい。

結局、美容院に入ってから3時間くらいかかって、わたしのパーマ終了。
さあ、終わった!というころ、2時間ロッドを巻いてた方が、
「あの〜、みのやに来られてましたよね?わたし、きのうまでみのやで
バイトしてたんです」と、話しかけてきた。
そいえば2週間前に、みのやに行ったよ〜。あなたのこと、覚えてなくて
ごめんなさいね。へー、就職決まったんだ?おめでとう!
みたいな会話。
お店を出てから夫が「なんか日本人の多い美容院だったな〜」という感想をもらした。
日本人ですか?って話しかけてくる様子が、まるでミネソタみたい。
シアトルには日本人があふれてたけど、ミネソタでは日本人がいなくて日本人かな?
という 雰囲気の人を見つけると寄っていって「日本人ですか?」って聞いてみる、
うちだけじゃなくて、みんなそんなことやってたもん。
その、就職の決まったっていう若い女性も「こんなに日本人が集まったのダラスに来てから初めてだ」と笑ってたけどね。
料金は、100ドルだったよ。やすっ。カットとシャンプーブロウで20ドル。
それにプラス100ドルだと思ってた。待ち時間が長かったから、おまけ?

そして、パーマが終わってから韓国焼き肉を食べて帰って来た。
焼き肉はうまかった。ひさしぶりに肉食べた〜。

このブログ記事について

このページは、erikoが2009年2月 2日 14:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1世紀分の思ひ出」です。

次のブログ記事は「もうすぐバレンタインデー。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。