« The Health Care Heroes 2009 Award or Kimono? | ホーム | ブレンダーを使ってみた。 »

2009年2月23日

かすてら☆リベンジ

26873926_3026176044.jpg丸1日おいたほうがしっとりおいしいカステラになるんだけど、
焼き目の厚さをみたくてカットしてみた。
やっぱりちょっと焼けすぎだねぇ。温度をあと少し下げた方が良かったかも。
オーブンに慣れるまで後何回リベンジするんだろ...。

先週、着付けをお願いしたおうちと花を預かっていただくおうちに
カステラと クッキーを持って行った。
その時のカステラは、なにげに、焼き色失敗。ごめんなさーい。
やっぱり、うちのオーブンは上から2段目のラックに載せるのがいいみたい。
そんな反省から半量の20X10センチサイズでリベンジ。

10年前、ミネソタ在住時に新聞紙で作るカステラの型のレシピを
知り合いから分けていただいた。
あの頃はミネソタでカステラなんて買えなかったし、その後、シアトルでも
和菓子は手作りが基本だったよ。だって、売ってないから。
当時はネットもまだそんなに普及していなかったし、レシピはなんていうか
クチコミでしか伝えられなかった。
ところが今や、カステラのレシピを検索するとわんさか出てくる。
しかも新聞紙で作る型のレシピ付き。
ちょっと前までは、ふつうにケーキ型(上記分量だとだいたい18センチ)で
焼くレシピで、食感とかがカステラとは違うような...。
たぶん、ここ5〜6年で新聞紙型レシピが急速に広まったんじゃないかな?

それで、カステラなんてスーパーでも買える日本に住みながら作る意味はあるのか?
と、思うところだけど、ざらめを敷いて焼くとか、抹茶を入れて焼くとか、
好きにアレンジ出来る上、新聞紙の型で焼けば文明堂に負けないくらいおいしいカステラが焼ける。
その上、材料費と光熱費と労力を考えても、文明堂の2500円のカステラ1本より、ずっと安上がり。
というわけで、また何日かしたらカステラ焼くかもしれない。

このブログ記事について

このページは、erikoが2009年2月23日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「The Health Care Heroes 2009 Award or Kimono?」です。

次のブログ記事は「ブレンダーを使ってみた。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。