« てぃーたいむ | ホーム | ジロー »

2009年3月15日

米粉食パン

1109730478_56.jpg強力粉:米粉(white rice flour)=1:1の割合で、ホームベーカリーで作ってみた。
わたしのブレッドマシーンはアメリカ向けの象印だから(しかも何年前の?)、
米粉でパンの作り方なんて想定してないのよね。
ネットで調べてみたら、わりと普通っていうか、そう、普通に皆さんは
米粉食パンをホームベーカリーで作っていらっさるようです。
では、アメリカと日本のパンの作り方の最大の違いは、分量のはかり方。
日本のパンレシピは1グラムでもキビシくゲンミツに計るようにと言われる。
アメリカは、基本カップ計量だから〜。たとえばケーキやクッキーで
ブラウンシュガー(三温糖とか...)使う場合'packed 1/2cup'とか、
「ぎゅうぎゅうにつめて1/2カップ?なにそれ?」みたいな。
パンの小麦粉、砂糖、バターなども、重さじゃなくて「かさ」です。

さすがに米粉はきめが細かいので、ブレッドマシーンのレシピのカップ計量を
デジタルはかりでおよその重さに換算。なるほど、1カップ約130グラムね?
それでだいたい、米粉との重量が1:1になるように勝手に分量を決めた。
そして焼き上がった米粉食パン。夕飯に切り分けた後のラップで包んだ
パンなので、なんておいしくなさそうなんだ。
でも、日本人的には食事に合いますね。
夕飯はステーキ(てか、ふつーにスーパーで売ってる肉を焼いただけ)と
サラダと豆腐の味噌汁とたくあん。
え、これにパン?となるところだけど、これが米粉なので合うんだな。

夫はぜったいご飯の人なので、この上さらにご飯が必要と思われ。
でも、今夜は花とふたりだったからね。

その後、米粉について調べると、当たり前と言えば当たり前だけど、
小麦粉よりも水分含有量が多いらしい。
その上、水をよく吸う。アメリカの小麦粉はこれまた水をよく吸うような気がする。
小麦粉と米粉のふつーの食パンレシピだと、水分が多すぎるかも?
かといって、粉もんは水分が命なので、多すぎると思うからこれだけ減らす、
みたいなテキトー加減だと痛い目に遭うかもしれない。
次回はrapid rise yeastを買って、早焼きコースで焼いてみようかな?

このブログ記事について

このページは、erikoが2009年3月15日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「てぃーたいむ」です。

次のブログ記事は「ジロー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。