2009年6月アーカイブ

2009年6月30日

週末からきょうまでの日記

土曜日、花の日本語補習校の1学期の授業が終わった。
仲良し4人組のうち2人が日本に一時帰国中。
残るひとりの友だちの家に、放課後遊びに行かせて頂いて、
そのまま泊まることになっちゃった。
夫と「ふたりでどーする?」という話になって、いちばんに
「ぼく、トランスフォーマー観たい!」と。
PG13の映画もいろいろあって、トランスフォーマーは下ネタ満載タイプ。
花には見せられないということで、ふたりでレイトショーを観てきた。

映画までの間に、夫はiPhone3GSを買って、
わたしはGAPのジーンズ19.99ドルセールのメールが来ていたのでGAPでお買い物。
ほかにも小物を買ったような気がするんだけど...何買ったんだっけ?おぼえてない。

日曜日は、花をお迎えに行って(クルマで1時間くらいかかるんだよ。
うちがへんぴなところに住んでるから...)、なにげにドライブ気分。
その夜にはしりもちをついて、動けなくなったわたし。
花は夫のiPhone3Gを譲ってもらって、ちょーごきげん。
SIMの使えないiPhoneて、iPod Touchみたいなものだからね。
音楽聴いたり、You Tubeでお笑い系のネタをみたり(東京03が好きらしい)、ネットをしたり、メールをしたり、ゲームをしたり。
じぶんの小学4年生の頃を思い出すと、ありえないほど時代が変わっている。

きょうは、夫が高速に落ちていたタイヤにバンパーをぶつけてしまい、バンパーと夫は凹んでいる。
時速70マイル(およそ110キロ)で走っていると、落下物をよけるのも難しいよ、
他のクルマと接触事故にならなくてよかったね、怪我がなくてよかったねと、
落下物の椅子をよけた経験者(わし)は語る。
バンパー、直さなくちゃね。

2009年6月29日

尾てい骨

ワンコが水の入ったボウルをひきずって、水をこぼしたのは昨夜。
キッチンペーパーでふいたけど、1回やそこらではまだまだ水浸し状態。
水のしたたるキッチンペーパーを取り替えようと2、3歩歩いてすべった。
ヤバい!と思って、2度も体勢を整えようとしたけど、
2度目の時に、無理かも?と思った。
そして3度目はどすんとしりもち。
わたしの記憶にあるしりもちでは、
これほど痛かったことはない。
息が出来なくて、呼吸が普通に戻るのに数秒はかかったと思う。

それからずっと氷で冷やして、湿布して、今に至る。
夜中は痛み止めを多目に飲んで、眠れたけど、
仰向けに寝ると体重が掛かるので、痛い。
階段はできるだけ使いたくないし、
体を折り曲げる動作もしたくない。
床に落ちたゴミは爪先でつかんで捨てて、
落とした鍵は花が拾ってくれる。
わんずは昨夜から一度もトイレを失敗しない。
なんとなく、環境のほうが、体を思うように動かせない
わたしを気遣っているのか。
っていうか、わんずが水をまき散らしたことが原因なんだから、
わんずのトレイは失敗なしで当然だろう。

問題は、クルマの運転だな...。

2009年6月27日

結局、

1209525431_23.jpg並んでる。

2009年6月26日

2ひき...もとい、1人と1匹

1207754526_204-1.jpgさんぽ終了。

2009年6月25日

るるるるる〜〜〜〜〜

巻き舌ができない...。orz
ブラウザSafariの右上にあるGoogleの検索窓に「巻き舌」とスペースを入れると
そのあとに続く候補が10個。
やり方、仕方、コツ、練習、遺伝、できない...などなど。

パピークラスでワンコを呼ぶのに(コマンドではcome)、巻き舌で「るるる〜〜〜」と呼ぶ、というのをやった。
その時に、わたしは巻き舌ができないということに気づいた。
きょんぱぱいわく「舌が長いから」と。
ええ、わたし、鼻まで届きますから。

そんなわけでGoogleで巻き舌を検索かけたら、だだだ〜っと候補が出た。
巻き舌ができないのは劣性遺伝らしい。ってことは、わたしの両親や兄も
巻き舌ができないんだろうか?
...今度聞いてみよう。

でも、スペイン語やイタリア語って巻き舌使うし、スペイン語圏では100%
発音できるとか?
歌曲もイタリア語が多いので巻き舌の練習をするらしく、「サッポロラーメン」「とろろいも」を連続で言う練習が定番とか。ほんとかよ。
で、やってみたら、サッポロラーメンはときどき巻き舌で言える。
舌に力が入るとイケナイらしいんだけど、るるるるると連続はまたできない。
うーん。

2009年6月21日

ぎりぎりでの対処法

じぶんのことを悪人か善人かと考えると、どちらかというと善人だと思う。
もちろん100%純粋無垢とはちがうけど、少なくとも嘘をつくのは嫌だ。
...まあ、嘘も方便という言葉を肯定するじぶんもいるわけだけど。

きのうの場合は嘘はなかった。ただ、なんていうか、タイミングが悪かった。
だから、電話を取ったときに「ヤバい!」と思う理由なんてないはずなのに、
実際には、なんて言い訳しよう?というような思考が働いてしまった。
本能的に怒らせてはイケナイ相手だと認識しているのに、電話の声は明らかに
怒りによって威圧的だと分かる。
わたしは相手の声を聞いたのは初めてだったけど、相手が怒ってるのは間違いない。
怒らせてしまった。

さかのぼれば木曜日の午後。金曜の夜のお誘いを受けた。
金曜の夜はパピークラスがあるので、誘いを断るか、パピークラスを
欠席するかの二者択一になる。
わたしはどちらでもよかったんだけど、夫はパピークラスのことを
すっかり忘れていたらしく(すでに6回目なのに...)、お誘いを受ける方向で
返事をしてしまった。
その後、「パピークラス」とわたしが持ち出したことで、ようやく思い出し、
お誘いは断ろう、次回でいいじゃないか、と考えを変えた。
きょんぱぱはいままでも何度も誘われて、何度かは都合が悪く断っている。
結局木曜から金曜にかけて、断りメールを2通送信したらしいけど、
返事がないというので相手がメールを読んだか、わたしはあやしいと思った。
あやしいと思ったなら、夫に「電話をかけて、断った方がいいよ」と
言えば良かったんだけど、こどもじゃないんだから「指図」するのは
どうかと、言わなかったんだよね。
「指図」とわたしは感じて黙り込んでしまい、あとで「言ってくれれば良かったのに」
と夫が言ったのが、今週は結果的にこれが2度目になっちゃった。
(1度目は水曜日の朝、起こった)
...もう、ああすればよかったのに、という言葉は言わないことにしよう。
指図ではなく、提案と考えるようにしよう。

パピークラスが終わって帰宅すると、21時を回っていた。
電話が鳴ったので、ナンバーディスプレイで確認すると「Out of area」だった。
その時間、Out of areaでかかってくるのはたいていわたしの親からなので、
てっきり母だと思って電話を取ったら、Yさんだった。
「あっ」と言いそうになるのをこらえて、「今日はお誘い頂いてたのに、
申し訳ありませんでした」と一言謝ってから夫に代わった。

電話の様子では、どうやら明日仕切り直し、ということになったみたい。
他にも人を誘っていたはずなんだけど、待ってもうちが来ないから中止にしたという話。
中止って、レストランでの会食なんだけど、うちがいないだけで中止?
あわわわわ、と、電話の横でうろたえるわたし。

続きを読む: ぎりぎりでの対処法

2009年6月20日

けもの道

IMG_0173.JPG2匹のわんずが作った獣道。
そういえば、このあたりを走り抜けてたあと、口には枝をくわえていたことが何度もあったっけ。
ただ、走り回るだけで作られていく、秘密(?)の通路。
なかなかおもしろい。

2009年6月18日

take me out to the ball game

1200732437_252.jpgゆうべはレンジャーズ対アストロズ戦を観に行った。
チケットはダラス日本人会の団体割引チケット(補習校のファンドレージング2ドル含む)で、
わたしの誕生日だったので、ちょっと奮発してコーナーボックス席で観戦。
「松井稼頭央選手を応援しに行こう!」っていうキャッチフレーズ。
でもね、うちからクルマで5分のボールパークは、アストロズじゃなくて
レンジャーズの本拠地なんだよね。

試合は22時頃、延長戦に突入。
平日は花のサマースクールがあるので、ここで帰宅することにした。
22時10分には自宅について、テレビをつけると、ちょうどレンジャーズが勝ったところだった。

夏の野球は暑いけど、花が気に入っているので、また行きたいな。

2009年6月16日

昨日の最高気温は41度だった

暑すぎる...。
築18年のこの家のエアコンは、サーモスタットとかタイマーとかついてる。
でも、設定温度によって風量が変わるとか、そういう日本では当たり前と
思われる機能はない。
一定の風量で設定温度までは風が送られてくるのみ。
急速に涼しくしたくてもできないし、もうちょっと温度を下げたいと思っても
じっくりとその温度に下がるのを待つ以外ない。
まあだいたい、アメリカの一般家庭のエアコンなんて、こんなものだろう。


先週植え替えたヘチマのその後。
33033129_3133616956.jpg
植え替えた日の夜から翌日昼過ぎにかけて雷雨。
1時間ほどの停電もあったし、稲妻は空を蜘蛛の巣のように走っていた。
ストーム来るかなぁと思いつつ、植え替えたわたしもわたしだけどね。
雨で葉がかなり傷んでしまったので、発芽用の鉢にまだいくつもある苗と
そっくり植え替えてもいいんだけど、ツルが伸びてきて、このまま育つかも。
33033129_2362964595-1.jpg
ヘチマ水とヘチマたわしが楽しみ。

ナスも順調に成長中。
ピント合ってないけどね。
33033129_734673637.jpg

2009年6月14日

傷の向こう側の風景

朝、起きて1歩目。
左足の小指が痛いことに気付いた。
左足を踏みしめるたびにいたいので、なにげに、足を引きずらないと歩けない。
指先を触ってみてもよく分からない。
なんせ、わたし、裸眼だと視力が0.1もないんだもの。
夫に「ちょっと見て?」と頼んで、ソファに腰掛けた。
「爪の所になんかできてない?化膿してない?」と聞いた。
「うー?何もないけど...あ、傷になってる」

そいえばきのう、何かにつま先をぶつけたっけな。
痛い!と思ったけど、つま先なんてぶつければいたいにきまってると思って、
よく見なかったんだよね。
たぶん、そのときの傷...と言いながら見てみると、さっくりぱかっと切れて、
傷の谷間からはあちら側の風景が見えているよ...。
傷の長さは1センチくらいかな?
深さは?何ミリかあるのかもしれない。
そのままだと痛くて歩けないので、バンドエイドを貼った。
そしたらふつーに歩けるよ。

何にぶつけたんだっけなぁ。
思い出せない。

2009年6月 1日

シソガーデン インプルーぶ

ストームが来ないうちに、シソガーデンを頑丈にしなくては...
ということで、こんな感じに仕上げてみた。
landscape.jpg

角のところはどうなっているかというと、
edge.jpg

補強はばっちり(の、はず)。
今朝はホームセンターに行って、柵とかいろいろ買って帰って、
庭仕事の間はわんずも庭に放していたら、ココ(黒い女の子)がさっそく
シソガーデンの上を駆けて遊んでるし、柵をぐるっと埋め込んだら、
2匹一緒に柵をカジカジカジカジ...って噛んでるし。
想定内ではあるけれど、おまいら、なんでそんなにパピーらしい行動を
とるんだよ、と、ものすごく脱力。

柵はプラスチックなので、なんていうか、ものすごくチープなんだけど、
遠目には許されるかな?と。
もし、じぶんの家の庭で、ずっとここに住むならもっとこだわるんだけど、
安く、早く、わたしの力でできることって、これくらいが限界かな−。
しかも、地面に水をまいてやわらかくしたつもりでも、枠板にしろ
柵にしろ、なかなか深く差し込めなくて、あとは夫に任せた!みたいな。
はよ帰って来て、がっちり埋め込んでね〜と言ってある。

ついでに、苗でも植えたいなーと思って、野菜コーナーに行ってみると、
トマト、メキシコ系唐辛子(ハラペロとか、ナチョとか、辛そうなヤツ)や、
瓜系(メロン、スイカなど)に混じって、ナスが2種類あった。
そのうちの一つはIchiban eggplant(Japanese eggplant)って書いてあるじゃん。
ちょっと長めのナスみたい。
ichibaneggplant.jpg

アメリカのは、ほんとに卵みたいな形だからね〜。
しかもでかくて、味もあるのかないのか?
一番ナスとやらを育ててみようと2本買った。
その他、カーリーパセリ(ふつうのパセリ)
curlypasley.jpg

これはミントを何本か抜いて、その跡に植えた。
ミントの根っこって、太くて、どこまで延びるんだろう?

前庭に、ラベンダーの苗を植えたけど、育つかな?

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。