« けもの道 | ホーム | るるるるる〜〜〜〜〜 »

2009年6月21日

ぎりぎりでの対処法

じぶんのことを悪人か善人かと考えると、どちらかというと善人だと思う。
もちろん100%純粋無垢とはちがうけど、少なくとも嘘をつくのは嫌だ。
...まあ、嘘も方便という言葉を肯定するじぶんもいるわけだけど。

きのうの場合は嘘はなかった。ただ、なんていうか、タイミングが悪かった。
だから、電話を取ったときに「ヤバい!」と思う理由なんてないはずなのに、
実際には、なんて言い訳しよう?というような思考が働いてしまった。
本能的に怒らせてはイケナイ相手だと認識しているのに、電話の声は明らかに
怒りによって威圧的だと分かる。
わたしは相手の声を聞いたのは初めてだったけど、相手が怒ってるのは間違いない。
怒らせてしまった。

さかのぼれば木曜日の午後。金曜の夜のお誘いを受けた。
金曜の夜はパピークラスがあるので、誘いを断るか、パピークラスを
欠席するかの二者択一になる。
わたしはどちらでもよかったんだけど、夫はパピークラスのことを
すっかり忘れていたらしく(すでに6回目なのに...)、お誘いを受ける方向で
返事をしてしまった。
その後、「パピークラス」とわたしが持ち出したことで、ようやく思い出し、
お誘いは断ろう、次回でいいじゃないか、と考えを変えた。
きょんぱぱはいままでも何度も誘われて、何度かは都合が悪く断っている。
結局木曜から金曜にかけて、断りメールを2通送信したらしいけど、
返事がないというので相手がメールを読んだか、わたしはあやしいと思った。
あやしいと思ったなら、夫に「電話をかけて、断った方がいいよ」と
言えば良かったんだけど、こどもじゃないんだから「指図」するのは
どうかと、言わなかったんだよね。
「指図」とわたしは感じて黙り込んでしまい、あとで「言ってくれれば良かったのに」
と夫が言ったのが、今週は結果的にこれが2度目になっちゃった。
(1度目は水曜日の朝、起こった)
...もう、ああすればよかったのに、という言葉は言わないことにしよう。
指図ではなく、提案と考えるようにしよう。

パピークラスが終わって帰宅すると、21時を回っていた。
電話が鳴ったので、ナンバーディスプレイで確認すると「Out of area」だった。
その時間、Out of areaでかかってくるのはたいていわたしの親からなので、
てっきり母だと思って電話を取ったら、Yさんだった。
「あっ」と言いそうになるのをこらえて、「今日はお誘い頂いてたのに、
申し訳ありませんでした」と一言謝ってから夫に代わった。

電話の様子では、どうやら明日仕切り直し、ということになったみたい。
他にも人を誘っていたはずなんだけど、待ってもうちが来ないから中止にしたという話。
中止って、レストランでの会食なんだけど、うちがいないだけで中止?
あわわわわ、と、電話の横でうろたえるわたし。

現在、土曜の午前中。
花は日本語補習校で、夫は補習校の当番(ボランティアで順番が
まわってくる)に当たっているので、ふたりで出かけた。
9時過ぎに、またもやYさんから電話。
ちょうどわたしの母と電話中にキャッチが入ったんだけど、ディスプレイを
みると、Yさんの名前が表示されていた。
昨夜の「Out of area」はどこからかけてきてたんだろう...?
母に「ごめん、電話、切る」と言って、Yさんからの電話に出たら、
今夜の約束の確認だった。
でも本当は「今、パソコンあけたら、先生からのパピークラスでっていう
メールに気づいて読んだので」って言われた。こっちが電話目的の正解だろうな。
それ以上謝られたりしたら大変だと思ったので「メールではなくて、
電話でお断りすればよかったと、後悔していたんです」と、先制で謝った。
Yさんの声は明るくて、やっぱりきのうとは全然違ったよ。

何年か前に「もしも100人の村だったら」という本が流行ったけど、
このあたりの日本人コミュニティもちょうどそんな感じで、
少ない日本人(日系人)人口のなかに、さまざまな立場の人間がいる。
その中の頂点(頂点があるとすれば、だけど)に近い位置にいるはずのYさん。
去年、日本政府から叙勲されているし、できれば敵にはなりたくない。
権威とかではなくて、なんだろ?たぶん、尊敬に値する人。
むかしは老人扱いがうまい、と言われたわたしだけど、どんどんじぶんも
年齢がすすんでいるので、現在の老人との年齢差も縮まっている。
今夜もうまくいきますように。

このブログ記事について

このページは、erikoが2009年6月21日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「けもの道」です。

次のブログ記事は「るるるるる〜〜〜〜〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。